Home » 奨学生の声 » 後輩へのアドバイス  経済学部 経済学科 第4学年

後輩へのアドバイス  経済学部 経済学科 第4学年長谷育英奨学会

2012年10月29日  : 奨学生の声 

後輩へのアドバイス      経済学部 経済学科 第4学年  男

 

私は今年度で4回生になり就職活動を本格的に行ったので、これから就職活動を始める後輩の皆さんに私が感じたこと、大切だと思うことを後輩へのアドバイスとして送りたいと思います。

まず重要なことは周りに流されないということです。就職活動がはじめると周りの動向が気になってしまい、自分自身に必要のないことまで周りに流されてしまいます。なので、自身に必要な情報の取捨選択をしっかりして、周りに惑わされないことが重要だと感じました。

次に大切に思ったことは、採用試験を受ける際に書くエントリーシートや履歴書は何度も書き直して洗練したものにするということです。1回書いて完成したと思っていても、時間をおいてから読んでみると話が噛み合わない点があったり、無駄な説明をしてしまっていることがあるので、エントリーシートや履歴書は時間をかけて丁寧に仕上げるべきだと思います。そのためにも物事の取り掛かりを早くし、余裕を持って行動するといいと思います。

また、合同企業説明会や個別の会社説明会で企業の話を聞いて、自分には合わないと感じたら無理をして受ける必要はない、ということも就職活動を通じて実感しました。手当たり次第に受験をしていると、どうしても面接などでの回答が薄っぺらくなってしまい、深い質問をされると答えられなくなってしまうため、話を聞いて興味関心が無いと感じた企業には、たとえ内定をもらえずに焦っていても受験する必要はないと思います。

これから3回生の就職活動が本格的に始まって、いろいろと悩むこともあるかと思いますが、あまり深く考えこまずに、自分に正直に行動していけばきっと良い就職活動ができるので後輩の皆さん頑張ってください。

Copyright(c) 2012 長谷育英奨学会 All Rights Reserved.