Home » 奨学生の声 » 「この頃思うこと」 大学 表象文化学部 1年 女

「この頃思うこと」 大学 表象文化学部 1年 女長谷育英奨学会

2017年11月07日  : 奨学生の声 

私は今、大学の学生として英語の勉強をしています。4月から京都で一人暮らしを始め、すべてを一人でしなければならず本当に大変で、自分が今までどれだけ親に頼ってきたのか、助けられていたのかを痛感する毎日です。学校ですばらしい先生方から英語に限らずさまざまなことを教えていただけ、自分の知識を増やすことができます。特に、第二言語として私は中国語を専攻しているのですが、先生は中国の方ですがとてもお話が面白くて楽しいです。

クラスの仲間はみんな真面目で、中でも一緒にいる友達とはお互い何か困ったときには協力して助け合って過ごしています。高校生までの友達とは違い、刺激し合うことでお互い向上しようと努めることのできる存在です。また、私は競技かるた部に所属しているのですが、そこでは先輩方との距離がとても近く、やさしく指導やアドバイスをしてくださりすごくうれしかったです。そして、多くの先輩方とのかかわりで礼儀や社会性などを学ぶことができ、これは自分が就職した時にも生かせていけると考えています。親元を離れてとてもさみしいですが、英語を勉強するために自分が希望したこの大学に通えて本当に良かったです。そして、長谷育英奨学会さんからの奨学金がなかったら大学に行けていなかったと思います。無利子でお金を貸していただいて感謝しています。しっかり勉強して4年間を有意義に過ごしたいです。

Copyright(c) 2017 長谷育英奨学会 All Rights Reserved.