Home » 奨学生の声 » 「後輩へのアドバイス」 短大 幼児教育学科 1年 女

「後輩へのアドバイス」 短大 幼児教育学科 1年 女長谷育英奨学会

2017年11月07日  : 奨学生の声 

私の将来の夢は、保育士になることです。今では、自分の夢に向かって頑張っていますが、なかなかなりたい職業が見つかりませんでした。そのため、高校三年生の前期まで具体的に決まらず、悩んでいました。進路について考えながらも将来役に立つと思い、資格を取得するためボランティアに参加しました。1週間保育園で先生として、1歳児のお世話をする仕事です。初めはとりあえずやってみようと思い参加したが、子どもと一緒に過ごすことが楽しくなり、だんだん保育士という仕事に興味を持つようになりました。
そんな中で、子ども同士がけんかをしてしまい、どう対処すればいいか分からず悩んでいました。すると保育園の先生が臨機応変に対応している姿をみて、私も先生のような保育士になりたい、大変な職業だけどそれと同時にやりがいのある仕事だと思いました。ボランティアを終えて自分のなりたい職業が見つかり、今では短大で保育士と幼稚園教諭二種免許状が取得できるように頑張っています。もし進路選択で悩んでいる人がいたら、一人で悩まずに親や先生に相談しましょう。そしてボランティアなどに参加して、色々な職業を体験してみて下さい。そうしたらなりたい職業が見つかるかもしれません。高校生活はあっという間です。早い段階から進路について考えておいて下さい。

Copyright(c) 2017 長谷育英奨学会 All Rights Reserved.